LINEで送る

都美

「前回よりメチャクチャ強くなってましたね! ラフな放銃、雑な打ち回しがなくて、守備の時の気の使い方がすばらしかった。そりゃベタ褒めしますよね」

対局の合間に、解説の河野直也が興奮気味の様子で僕に声をかけてきた。話題の中心は、日本プロ麻雀協会所属の「借りてきた猫」こと都美。Aリーグ経験もあり、最高位戦日本プロ麻雀協会の次期エース候補と目されるイケメン雀士が、彼女の対局に最大限の賛辞を送っていた。もちろん解説という立場上、河野はフラットな視点で対局を見ている。それでも礼讃の言葉がやまないほど、都美の打ち回しが見事だったのである。

都美の麻雀ウォッチ シンデレラリーグ出場は、今回で2回目。前回は序盤に大きくポイントをロスしてしまい、本領を発揮する前に予選で涙を呑んだ。しかし、都美の真価は守備にこそある。勝負どころできっちりとアガりきり、その後は大崩れしない。そんな堅牢さを、この日は存分に堪能することができた。

今回の観戦記は少し趣向を変えて、河野の解説を織り交ぜながら対局を振り返っていこうと思う。

対局者
対局前成績

この日はBブロック1位の塚田(136.2p)、2位の水谷(61.2p)、5位の都美(5.6p)、6位の樋口(▲63.8p)という組み合わせ。上位陣と直接対決する機会に恵まれた折り返し地点ということで、この対局はまさしくターニングポイントと言えた。

1回戦を手堅く2着でまとめて迎えた2回戦東1局。

sono2.mov_000196296
チートイツ・赤1のテンパイを果たした都美は、打p9とし、p3待ちのヤミテンに構えた。

「これ、すごくないですか!?」

と、河野が鼻息を荒くした。

じつに秀逸な一打だと思う。3や7の尖張牌(せんちゃんぱい)より、ヤオチュウ牌の方が牌理上余りやすい。そのためp9待ちに取る打ち手も多そうだが、p2 p4を引けばイーペーコー・赤1のシャンポン待ちへも変化する。p9と心中するよりも、この方がアガリ率は高そうだ。
それに、親の樋口が2巡目にp4を切っていることもp3待ちを選んだ根拠となっていそうだ。p3は樋口に対して比較的安全そうだし――

sono2.mov_000204103
今回のように、樋口からこぼれる可能性も増える。

sono2.mov_000209042
まさしく目論見通り。会心の3200だった。

同じく2回戦の南2局5本場。供託が3本あり、アガれば4500点の加点が確定する。全員が20000点台ということもあり、まず間違いなくスピード重視となる局面だ。

sono2.mov_002482680
まずは水谷がカンm7をチー。

sono2.mov_002497228
同巡、塚田がz6をポン。

sono2.mov_002541038
直後、都美はカンs6をチーしてz2バックのテンパイ一番乗りを果たした。

sono2.mov_002587384

テンパイ二番手は塚田。s5を345でチーした後、m4を重ねてペンm3待ちに。

sono2.mov_002607905
さらに、唯一門前だった樋口が、塚田の当たり牌であるm3を使い切ってp5 p8待ちのリーチをかける。

sono2.mov_002613377
そして水谷も、樋口の宣言牌のm2をポンしてカンp6のテンパイとなった。この煮詰まった局面で、全員テンパイという激アツ展開!!

sono2.mov_002704468
そんな中、都美の元へ全員に無筋のp7がやって来る。p6をすでに切っているために、z2バックでアガるためのテンパイを維持するなら、p7を切るしかない。

sono2.mov_002729860
だが、都美はs8切りを選択した。

「マンズとソーズは全部切るつもりでいました。供託が大きすぎるから自分がアガるつもりで行くんですけど、p7は切れなかったですね。誰かに当たっても厳しい状況になってしまうので。それに、ラス目の樋口さんがツモる分にはいいかなとも思っていました」

そう都美は述懐する。これを受けた河野は、またしても都美を絶賛するのだった。

「あそこでp7を打つのは雑な放銃かもしれないけれど、見返りが大きすぎて僕なら押してしまうと思います。ほぼトップ確定みたいになるので、そっちの見返りに甘えちゃう。だけど、都美ちゃんは甘えなかった。打ち手として一貫性を持つのなら、あそこは絶対に打っちゃいけない。素晴らしい一打でした」

sono2.mov_002744808
結果としてp7を切っても放銃にはならず、直後に自力でz2を持ってきたことでアガリを逃した選択ではあった。だが、実際に樋口と水谷はピンズ待ちであったし、僅差とはいえ現状はトップ目だ。リスクを最小限に抑える打ち回しは、都美の大きな強みだと思う。それにs8を中抜いたとはいえ、完全撤退というわけではない。

sono2.mov_002749980
ソーズを1メンツ落としていき――

sono2.mov_002796660
道中に持ってきたm1も重ねて、再びテンパイへとこぎつけた。

sono2.mov_002807271
この局は塚田の300-500は800-1000のツモアガリで決着した。だが、そのポーカーフェイス同様に自身のスタイルを崩さなかった都美の一貫性に、河野のボルテージはさらに上昇するのだった。

sono2.mov_002888986

続く南3局、都美は塚田と5500点差の2着目。トップ目を射程圏内にとらえたまま迎えた親番で、ドラのz1がトイツになる。

sono2.mov_002909306
同巡、樋口がこの超好形1シャンテンからz1をリリース。

sono2.mov_002914144
絶妙すぎるタイミングでz1をポンすることに成功し――

sono2.mov_003000330
この半荘の決定打となる4000オールをものにした。この日、都美は終始好調だったが、いわゆるツイていた局面と言えば、このシーンくらいだったように思う。

2回戦終了時
前半2戦で、都美は63.1pを獲得。順風満帆な展開で、後半2戦へと臨んだ。

sono3.mov_001177309
都美にとって、3回戦は我慢の半荘だった。東3局、2600オールをツモってトップ目に立った水谷が、次局にこのz6・ホンイツ・トイトイ、4100オールを和了。決して好配牌ではなかったが、m1ポンから進行した脱帽ものの最終形だった。

sono3.mov_001765530
こうして水谷が大きく抜け出した中で迎えた東4局1本場、まずは樋口からm6 m9待ちのリーチが入る。ドラのm6でアガればタンヤオもつき、破壊力十分だ。

sono3.mov_001795493
この早いリーチを受けた都美は安牌がゼロ。自己都合で手を進めるm9切りで放銃かと思われたが――。

sono3.mov_001800965
なんと迷うことなくm1のトイツ落としを敢行。m1も無筋だ。なぜ? なぜ当たり牌をビタ止めして、m1を選択できるの? 驚愕のスーパープレーに興奮していたのは、僕だけではなかった。

「都美ちゃんにとって、あの局は攻めたい局だったと思うんですよ。あそこからm9を切る打ち手は多いでしょう。だけど都美ちゃんは、極限まで放銃を先延ばしにすることを考えた。僕自身、すごく勉強になりました。結果的にm9が当たり牌だったから注目されたけれど、m9が当たりじゃなくても脚光を浴びるべきと思った一局です」

河野のテンションメーターを振り切らせた張本人は、淡々とこの一局の解説をした。

「とにかく安牌がないあの状況で、2巡しのげるのは大きい。2巡の安全という意識は、他の局面でも大事にしています。それに、あの形からm4とかを持ってきたりしたら、どうせm1を切ることになるので。たしかにm1がアンコになる可能性もありますけど、ほとんどのケースで切るなら、あそこでトイツ落としをしようと考えました」

都美は若干のリスクと引き換えに、2巡の安全を手に入れた。麻雀は1巡ごとに局面が変わるゲームだ。局面が変われば判断が変わる。その2巡で仕入れた情報を駆使して、ベストな判断を下していく。都美という打ち手の底の深さを、このm1トイツ落としに垣間見た思いがした。

sono3.mov_001819217
ちなみにその後はというと、m1トイツ落としをしている最中にs7が現物となり――

sono3.mov_001831262
そうこうしているうちに親の塚田からもリーチが入る。親を含めた2軒リーチ相手ではさすがに分が悪いと見て、都美は躊躇なく撤退を開始した。

sono3.mov_001967265
そして塚田がリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1の2600は2700オールをツモって決着。樋口のリーチは裏ドラが乗っていなかったため、樋口にm9で放銃していた方が少ない失点で済んでいたというのは、なんとも皮肉な話だ。しかし、その一方でラス目の樋口とは点差が縮まるどころか、リーチ棒1本分開く結果となっている。やはり都美は大崩れしそうにない。

3回戦終了時
3回戦は3着でフィニッシュ。恵まれない展開ではあったが、都美以外の打ち手があの席に座っていたとしたら、ラスを引いてもおかしくないように感じた。

ここまでは、都美の守備面を中心にピックアップしてきた。しかし、麻雀は守るだけでは勝てるゲームではない。最終4回戦では、彼女の攻撃面にもスポットを当てよう。

sono4.mov_000789822
東4局、ドラはs6。親番の都美の配牌は、赤含みのメンツが1つ。567の三色もほのかに見えるが、好配牌というほどでもない。

sono4.mov_000798531
一方、西家の樋口はドラが2枚で2メンツが完成している。ソーズに染まりきろうものなら、倍満まで見えるすさまじい配牌をもらっていた。

sono4.mov_000802968
また、北家の水谷にはマンズが押し寄せていた。予想通り、ピンズが場に安くなる展開で局が進行していく。

sono4.mov_001067066

終盤、都美が待望のテンパイを果たす。だがソーズの染め手濃厚の樋口がいる中で、カンs5rは決して良い待ちとは言えない。

sono4.mov_001059391

この時、樋口はチンイツ・ドラ2のs4単騎待ち。

sono4.mov_001063228
水谷は手がなかなか進まず、ほぼ撤退模様となっていた。

sono4.mov_001070335
そんななか、都美はリーチに踏み切った。赤とドラが1枚ずつある親リーチであれば、リスクに見合うと判断したのだろう。

sono4.mov_001138871
結果はs5rを掘り当て、4000オールのツモ。値千金のアガリをものにした。

sono4.mov_001333965
続く東4局1本場、都美は軽快に先制リーチをかける。リーチ・ピンフ・赤1のs1 s4待ち。自身の目からs3が全て見えている絶好の待ちだ。

sono4.mov_001347279
都美が一歩抜け出すために果敢に塚田が追いかけリーチで応戦したが――

sono4.mov_001369634
軍配は都美に上がった。雀頭のm9が裏ドラとなり、12300点の出アガリ。少なくとも連対濃厚と言っていいほどのリードを手にした。

sono4.mov_001409975
などと思っていた次局、ここまでトップ1回、ラス2回と苦しい結果が続く樋口が、一撃必殺の大物手に照準を定めた。この配牌から――

sono4.mov_001472437
3巡後にz1 z2が1枚ずつ。トータルポイントも厳しくなってきた。ならば、大物手成就の可能性を潰すわけにはいかない。

sono4.mov_001604970

z4を鳴き――

sono4.mov_001698229

z2を重ねて鳴くことができた。トイツのs4を落とし、これで役満・小四喜の1シャンテン。z1z3も山に眠っている。

sono4.mov_001732897
そのs4トイツ落としを終えた直後、p4 p7待ちでテンパイしている都美がz1をツモ切った。臆すことなく淡々と。ポーカーフェイスのシンデレラは、まるで安牌のようなそぶりでz1を河に置いたのだ。

「もちろん小四喜の可能性があることは、わかっていました。2枚目のs4の手出しを見て、今ならギリギリ切れるという判断でz1を押しました」

仮にテンパイからs4を2枚とも手出ししていたとして、2枚連続で有効牌を引いていない限りは放銃することはない。z1をポンされてテンパイを入れさせてしまうリスクはあるが、アガリに向かうならばこのタイミング以外は切れない牌だ。一度でも樋口に手出しが入ったなら、さすがにz1を抱えて撤退するほかない。それに、先に自分がアガればいいのだ。麻雀において、守備とはただベタ降りすることだけを指す言葉ではない。相手の大物手を潰すためにアガりきることも、守備の一環なのである。

sono4.mov_001714879
だが、都美の当たり牌であるp4 p7は、塚田がごっそりと抱え込んでいた。2枚目のp7をツモ切らなかった塚田の胆力が、この局の決着を長引かせる。そして――

sono4.mov_001806638
樋口が待望の小四喜テンパイを果たす! が、これは彼女の最終ツモ番だった。残り1枚のz1は、王牌に眠っていた……。

その後は都美のトップを脅かすような局面はなく、危なげなく2回目のトップを守り切った。
4回戦終了時

全対局結果
トータルポイントでも2着に浮上。非常に混戦模様ではあるが、最終節を前に準決勝進出圏内に入れたことは大きい。

1位から5位までが半荘1回でガラッと入れ替わるほどの団子状態。しかし、リードを手にしたこの状況は、都美の守備が光る局面だ。雑にならず、ポーカーフェイスで淡々と正着打を選び続ける。そうやって、颯爽と予選を通過する姿が、この日の都美からは容易に想像できた。

文:新井等(スリアロ九号機)

麻雀ウォッチ シンデレラリーグ 第2節Bブロック2卓

AbemaTV⇒https://abema.tv/channels/mahjong/slots/98hy7ZuvGYJ4s9
FRESH LIVE⇒https://freshlive.tv/threearrows-ch/258082

シンデレラリーグ2018特設サイトはコチラ!
http://threearrows-ch.com/2018/10/28/cinderella2018_main/

チャンネル入会希望の方はコチラへどうぞ!

「麻雀スリアロチャンネル」概要

株式会社スリーアローズコミュニケーションズの運営するニコニコ生放送並びにFRESH LIVE内の企業チャンネルです。麻雀界の活性化を目指し、幅広い層の方にお楽しみ頂ける番組制作に積極的に取り組んでおります。麻雀プロ4団体の年度最強者同士が激突する対局番組「四神降臨」シリーズや、麻雀プロ団体の公式戦、タイトル戦の対局の模様のほか、牌譜検討や、麻雀プロにスポットを当てたバラエティ番組など、麻雀に関わる幅広いジャンルの番組をお届けしております。一部の番組は有料放送となっております。チャンネルに入会していただきますと、全ての有料放送をご視聴頂けます。※会員は月額864円(税込)

■サイトURL
「麻雀スリアロチャンネル」(niconico内弊社チャンネルページ)
http://ch.nicovideo.jp/marchao

「麻雀スリアロチャンネル」(FRESH LIVE内弊社チャンネルページ)
https://freshlive.tv/threearrows-ch

■会社概要
会社名 : 株式会社スリーアローズコミュニケーションズ
代表取締役 : 山田 昌和
所在地 : 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-45-4 三栄ビル3F
設立 : 2005年6月
資本金 : 3000万円
事業内容 : 麻雀映像作品の企画、製作、販売、インターネット配信 他

■本件に関するお問合わせ
E-Mail : info@threearrows-ch.com
電話 : 03-5981-6121

rogo